社労士24だけで合格できるのか【受験生の評判と合格実績】

社労士試験対策講座
この記事は約26分で読めます。

資格の大原が推している「社労士24」は、インプット講義が24時間しかないけど、それだけの講義時間で合格できるの?

添削指導のユーキャンでも、動画の講義は約30時間あるのに、インプット講義が24時間しかない「社労士24」で学習範囲をカバーできるの?

社労士M

今回の記事では、資格の大原が提供する「社労士24」が、実際、受講生からどのような評価を受けているのか、また合格率はどうなのかを触れながら本当に社労士24だけで合格できるのかを考察してみたいと思います。

✔今回の記事でわかること

  • 社労士24だけで合格できるのかについて
  • 社労士24で使用するレクチャーテキストの使い方について
  • 社労士24で使用する問題集の種類について
  • 社労士24の学習法について
  • 社労士24担当講師金沢先生が発信しているツイッターアカウント「時間の達人社労士試験」を利用した学習法について
  • 教育訓練給付金制度を利用できるコースについて
  • 教育訓練給付金制度を利用して、社労士24を受講した方の合格率について

「今回の記事でわかること」以外にも「社労士24」について詳しく知りたいという方は、下にリンクした資格の大原ホームページから資料請求してください。社労士24で使用するテキストは、要点がコンパクトにまとまっていますが、資料もテキストと同様、コンパクトにまとまっているのでとても読みやすいです。

もしインプット講義が24時間では物足りないと感じる方は、当ブログで社労士通信講座を比較した記事がございますので、そちらもご覧になってください。

社労士24だけで合格できるのか

インプット講義がたった24時間しかない社労士24だけで合格できるのですか?

その質問への答えですが

社労士M

できます。

私が社労士24で本試験に合格したのではありませんが、私の友人は、社労士24のみ受講して、令和元年(2019年)の本試験に合格しました。

もちろん一人の受講生の結果だけでは答えにはならないでしょうから、受講生のツイッターでの評判と合格率をベースにして、客観的な視点でも社労士24だけで合格できるのかを考察してみます。

自己紹介

私がこの記事を書きました。

名前:社労士M

経歴:平成20年(2008年)に社労士試験を初めて受験し、選択式1科目だけ基準点に達せず不合格。その後、3年のブランクを経て、平成23年(2011年)の社労士試験で合格することができました。

受験回数は計2回で、学習方法は共に独学です。

平成25年には「特定社労士試験」を受験し、合格しました。(翌年に社労士名簿に付記しています)

私は社労士試験対策で、スクールを利用した経験はありません。そこで今回は、スクールを利用して合格した知人からの話と、社労士24に関するツイートなども参考にしながら、社労士24だけで合格できるのかを考察します。

とにかく薄い社労士24のレクチャーテキスト

社労士24で使用する「レクチャーテキスト(10冊)」はとにかく薄いです。

社労士24は、資格の大原が提供する通信講座ではありますが「全科目のインプット講義が24時間で完結する」を謳い文句としているので、テキストは大原のそれとは違い、とても薄いのが特徴となっています。

資格の大原が提供する通常のテキストと比較すると、レクチャーテキストのページ数は3分の1程度なのです。

下のツイートをご覧頂きますと、レクチャーテキストがいかに薄いかが分かります。

そのため、レクチャーテキストを初めて目にする方は、その薄さに驚くかもしれません。

社労士試験の学習範囲は広いのに、テキストが薄くて大丈夫なの?

このような不安に駆られる受講生も少なくないでしょう。

そこで不安な方にご覧いただきたいのが、レクチャーテキストの中身です。

社労士24のツイッターアカウント「時間の達人社労士試験」から、レクチャーテキストのサンプルをご覧になることができます。

レクチャーテキストのサンプルをご覧いただくと、重要事項を簡潔にまとめているのが分かります。しかも余白が多いので、テキストには記載されていない細かな論点を、インターネットなどで検索して書き込むことができるのです。

社労士24だけで合格した私の友人は、レクチャーテキストに多くの書き込みをして、インプットしやすいオリジナルテキストにカスタマイズしたと話していました。

「社労士24」のレクチャーテキストは、余白が多いので、使い勝手が良いのね。自分で注釈を付けたり、書き込みをして、インプットに役立てたいわ。

社労士M

ちなみに書き込みをし過ぎて、レクチャーテキストが真っ黒になってしまった勉強熱心の受講生さんもいるようです。

私がオススメする「社労士24」の補足用テキスト

資格の大原から発売されている「読めばわかる!社労士テキスト2022年対策」を補足用テキストとして使用すれば、レクチャーテキストへの書き込みに「読めわか○○ページに図解あり」などを記入して、理解を深めることができます。

また「読めばわかる!社労士テキスト」は電子版付きなので、レクチャーテキストの横にスマホやタブレットを置いて学習することで、効率よく理解を深めることができるはずです。

ツイッターでも、この「2022年対策読めばわかる社労士テキスト」を傍らに置き、学習されている方がいました。

余談ですが、私の友人は、レクチャーテキストへ書き込む内容は「ググった」そうです。

いずれにせよ、レクチャーテキストだけでも十分インプットできますので、薄いことで心配する必要はありません。

「読めばわかる!社労士テキスト」は資格の大原社労士講座が出版しているので、社労士24との相性も良さそうですね!

アウトプット用教材は「資格の大原」通信・通学制社労士講座で使用されるものと同じである

社労士24で使用する問題集は、下記の2種類です。

  • 択一式トレーニング問題集(10冊)
  • 選択式トレーニング問題集(10冊)

この問題集は受講生の間では「トレ問」と呼ばれており、資格の大原の通信・通学制社労士講座で使用される問題集と同じものです。

そのため、社労士24をしっかり受講することにより、他の「資格の大原」受講生と同等の答練レベルに到達することができます

突然ですが「資格の大原」社労士講座を受講された方の合格率を表にしたので、まずはご覧ください。

試験年度 社労士試験合格者数 大原合格者数 本試験合格者に占める大原受講生の割合
平成29年 2,613 272 10.4%
平成30年 2,413 322 13.3%
令和元年 2,525 370 14.7%
令和2年 2,237 315 14.1%
合計 9,788 1,279 13.1%

参照:資格の大原「社会保険労務士講座」ホームページ

受講生の合格者数が、平成29年(2017年)から令和2年(2020年)までの4年間で、累計1,279人にものぼります。

この4年間の合格者数は、本試験合格者の13.1%を占めており、実績としては申し分ありません。

本試験合格者13.1%を占める「資格の大原」受講生と同じ問題集を使用できるのも、社労士24の魅力ともいえるでしょう。

また択一式トレーニング問題集は、過去問の肢を別けて、さらにオリジナル問題も掲載した一問一答形式ですから、基本的にはこれだけで十分であり、市販の問題集を購入する必要はありません。このことは、ツイッターアカウント「時間の達人社労士試験」(社労士24公式アカウント)もつぶやいています。

どうしても不安ならば「解けばわかる!社労士問題集」を使いましょう

レクチャーテキストの補足用テキストとしておすすめした「読めばわかる!社労士テキスト」と同じく、資格の大原社労士講座から「解けばわかる!社労士問題集」が発売されており、トレ問だけでは不安の方には、こちらの問題集をおすすめします。

私の友人は、トレ問だけでアウトプット学習をおこなったそうですが「解けばわかる!社労士問題集」は、トレ問のような一問一答形式の出題形式ではなく、本試験と同じ形式で問題が掲載されているので、実践練習を兼ねたアウトプット学習をしたい方にはおすすめの一冊です。

この問題集は「読めばわかる!社労士テキスト」に準拠しているので、レクチャーテキストの補足用として「読めわか」を使用している方には特におすすめします。

ちなみに「解けばわかる!社労士問題集」で出題されているすべての問題を、11日間で回されたとツイートされた方がいましたので、以下にご紹介しておきます。

上のツイートをされた方は、令和3年度本試験でも奮闘されたようです。その様子がブログに記されているので下にリンクしておきます。

令和3年度社労士試験 当日の振り返り③

社労士24の受講生には、資格の大原コース生(通学・通信制)が使用している「トレーニング問題集」が届くのですね!
本試験と同じ形式で問題を解きたい場合は「解けばわかる!社労士問題集」が役立ちそうです。

社労士24の学習方法

あらためて紹介しますと、社労士24で使用する学習教材は、次の3種類となります。

  • レクチャーテキスト(10冊)
  • 選択式トレーニング問題集
  • 択一式トレーニング問題集

社労士24の受講生は、これらの教材と試験科目(10科目)の動画レクチャーにより学習を進めていきます。

ちなみに、社労士24の講師である金沢先生は「合格者の数=勉強方法の数」とお話されています。要するに社労士試験に合格された方々は、各々に環境や課題がありましたから、合格者の勉強法は十把一絡げにできないということです。

とはいっても社労士24は、学習時間の確保が困難な方に向けて開発された通信講座ですので、ベースとなる学び方はあるはずです。そこでベースとなる学び方について、私が友人から聞いた学習法を基に簡単ではありますがお伝えします。

まずは動画講義(1チャプター)を見る

社労士24はインプット講義が24時間で完結するWebコンテンツです。そのため1チャプターは5~15分程度で収められています。まずは隙間時間や就寝前などに1チャプターをご覧ください。

社労士24の動画講義は、毎年8月から翌年の4月まで、1ヶ月ごとに1科目の動画が配信されます。よって1ヶ月かけて1科目を学ぶ配信スケジュールとなっています。

下の動画は社労士24の体験講義です。約9分でまとめられており、隙間時間でも十分に学習できることが分かります。

【社労士24】労働基準法 総則【体験講義】

トレーニング問題集を解く

動画講義で学んだレクチャーは、付属のトレーニング問題集で解いていきます。

選択式トレーニング問題集は、本試験と同じ出題形式で問題が掲載されているので、レクチャーの確認だけではなく本試験対策にもなります。

択一式トレーニング問題集は、一問一答形式です。そのため、レクチャーで学んだ箇所を効率よく解くことができます。問題集右側のページには、解答解説が掲載されているのでとても便利です。

社労士M

選択式・択一式トレーニング問題集を解き、理解できていない問題は、その箇所を動画講義で再度学ぶようにしましょう。

レクチャーテキストに書き込む

動画講義で学んだレクチャーを「選択式・択一式トレーニング問題集」で解くことを繰り返し、必要に応じてレクチャーテキストに書き込みをしていきます。

上のツイートの方は、覚えるべき要点等を書き込みしたことで、レクチャーテキストがオリジナルテキストになったようです。

学習スタイルとしては、レクチャーテキストへの書き込みだけでも十分なのですが、資格の大原が発売している「読めばわかる社労士テキスト」を併用することで、書き込みだけでは補えない図解や表などを学習に役立てることができます。例えば、レクチャーテキストに「詳しい図解は読めわか○○ページにあり」と書き込みしておけば、理解を深めることができるでしょう。

「読めばわかる社労士テキスト」については、下のリンク「資格の大原社労士ブログ」をご覧ください。

ツイッターを活用する

多くの社労士24受講生がツイッターでフォローしているのが、社労士24公式アカウント「時間の達人社労士試験」です。

社労士24を受講して合格した友人は、このアカウントから発信される情報をとても重宝したといいます。

例えば下のツイートのように、アンケート機能を活用して、フォロワーが解答できる選択式問題を日々つぶやいています。

さらに法改正情報や白書対策、一般常識などをつぶやいているので、ツイッターの「リスト」機能を使うことで、日々「時間の達人社労士」アカウントがつぶやく情報を目にすることができるのです。

社労士M

「時間の達人社労士」がツイートした内容を、レクチャーテキストに書き込めば、学習効果を高めることもできるでしょう。

直前対策も受講すべきか?

社労士24に加えて、直前対策も受講した方がよいでしょうか?
費用がかさむので悩んでいます。

社労士M

教育訓練給付金制度を利用できるようでしたら、受講することをおすすめします。
利用できない場合は、100%自費で受講するか、直前対策は独学でおこなうか、または他のスクールの単科講座を利用するか、色々と検討してみましょう。

「社労士24+直前対策(128,000円)」は、一般教育訓練給付金制度の対象講座ですので、給付金制度を利用できるのでしたら、受講することをおすすめします。講座情報については、下のリンクでご確認ください。

ちなみに社労士24を受講して合格した友人は、直前対策は申込しなかったそうです。

市販されている「月刊社労士受験」を購入し、購入者が見ることができる動画解説で、法改正や白書対策を学習したといいます。

4月までは「社労士24」で学び、5月以降は「月刊社労士受験」で直前対策をしたようです。

なお、社労士24の直前対策に申込をすれば、資格の大原が実施する全国統一公開模試を受験することが出来ます。大原のような大手スクールの模試ですから、本試験で出題される可能性が高い問題を厳選しているのはいうまでもありません。

社労士24の直前対策に申込しなかった友人は、大手スクールT社の模試を受験したようです。T社の模試も多くの受験生が受けるものとして、よく知られています。

また、私が令和2年(2020年)試験の補正科目を予想した際、予想ツイートにリプライしてくださった方は、社労士24+直前対策を受講して合格したようです。(下がそのツイートです)

社労士24の合格率

社労士24の合格率は、教育訓練給付金制度の利用者のデータから知ることが出来ます。

社労士24はインプット講義が24時間で完結するWebコンテンツですが、似たようなものとして、ユーキャンの社労士講座が挙げられます。

ユーキャンの社労士講座には「テキストスピードマスター動画」というコンテンツがあり、視聴時間は1回あたり5~15分、全科目合計30時間というものです。

受講料もユーキャンは79,000円と社労士24の79,800円とほぼ同額なので、比較する対象にしました。

以下がユーキャン社労士講座と社労士24の教育訓練給付金制度利用受講者合格率(平成30~令和2年の3年間)の比較です。

受験者数 合格者数 合格率
190 93 48.9%
1,269 160 12.6%

参照:厚生労働省「教育給付金制度」検索ページ

教育訓練給付金制度を利用した受講生のみの合格率比較となりますが、合格率は社労士24の方が高いことが分かります。

ただし、ユーキャン社労士講座が社労士24に劣っているのかといえばそうではなく、ユーキャンの受講生のうち79%が初学者であるため、必然的に合格率は低くなるのです。

初学者の割合が79%でありながら、12.6%の合格率を誇れるユーキャンは見事ですが、その4倍近い合格率を叩き出す社労士24も見事で、良質な講座といえるでしょう。

社労士24だけで合格できるのか

ここまで見てきた方ならば、社労士24だけで合格できることは、おわかり頂けたと思います。

またツイッターでおこなったアンケートでも、大原の社労士講座のうち、初学者に勧めたい講座として「社労士24のみ」と答える登録者が36.5%(約145名)もいらしたようです。

尚、アンケート結果のツイートは現在非公開となっています。

ちなみに、合格基準点に達するため「運」の要素も必要な選択式に比べ、実力で合格基準点に達することができる択一式ならば、社労士24だけで合格レベルに到達できるとツイートされている方がいました。

このように、多くの受講生から高い評価を受け、教育訓練給付金制度でも高い合格率を誇る「社労士24」は、様々な事情のために合格へ手が届かない受験生の味方といっても過言ではないでしょう。

資格の大原「社労士24」資料請求はこちらをクリックしてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました