【資格の大原が提供】社労士24【受講生の評判と合格実績】

社労士試験対策講座
この記事は約15分で読めます。
受験生Aさん

最近ツイッターで「#社労士24」というハッシュタグがついたツイートを見掛けますが、どのような通信講座なのでしょうか?

受験生Bさん

「社労士24」は資格の大原が提供していると聞きましたが、「24」というのはどういう意味なのでしょうか?
あと「社労士24」は毎年どの程度の受講生が合格しているのでしょうか?

社労士M

今回の記事では、資格の大原が提供する「社労士24」に対しての疑問に、現役の社労士である私がお答えしつつ、講座の特徴ついてもお伝えします。

この記事を読み進めて頂きますと、次のことがわかります

  • 社労士24の「24」の意味
  • 社労士24で使用されるレクチャーテキスト(社労士24専用テキスト)の特徴
  • 社労士24で使用される問題集の特徴
  • メールでの質問回数
  • 社労士24の受講料
  • 教育訓練給付金制度利用受講生の合格率

上記のポイントを中心に「社労士24」の特徴や問題点、合格実績などを分かりやすくご紹介していきます。なお、上記のポイントを見て、より詳しく「社労士24」について知りたい方は、下のリンク「資格の大原『社会保険労務士講座』」のページより資料請求してください。社労士24のレクチャーテキストは要点をコンパクトにまとめていますが、講座資料もテキストと同様コンパクトにまとまっているのでとても読みやすいです。

資格の大原「社労士24」資料請求はこちらをクリックしてください

【資格の大原が提供】社労士24

今回は大手資格スクールとして合格者を多数輩出している「資格の大原」が提供している通信講座「社労士24」について、その特徴や問題点、合格率などをお伝えします。

どうぞ最後までお付き合い、よろしくお願いします。

本記事を担当している私の紹介

社労士M

私がこの記事を書きました。

名前:社労士M

経歴:平成23年(2011年)社労士試験に合格しました。その後、平成26年(2014年)に「特定社労士」を社会保険労務士名簿へ付記して、労使紛争の解決に取り組んでいます。
「特定社労士」とは、個別労働紛争における代理人としての業務が認められた社労士のことです。
社労士試験合格後は、都道府県社労士会の判例研究会や労働紛争研究会などの研究団体に所属して、労務管理に関する書籍執筆にも参加しました。

社労士試験合格後も、セミナー講師や書籍執筆等の研鑽を積んできましたので、読者の方々へ有益な情報を提供できると自負しております。

社労士講座の必要性

社労士24についてお伝えする前に、まずは社労士試験が難化したことについてお話させてください。

社労士試験は平成27年(2015年)から著しく難化しました。

下の表は、現行の試験制度がスタートした平成12年から平成26年までの合格率です。表の期間の平均合格率は8.4%となっています。

ところが、試験水準が難化した平成27年以降の平均合格率(下の表)は5.5%まで低下しており、近年の合格率は6%台で推移していました。

ただ直近の令和3年社労士試験では、近年に珍しく7.9%という合格率となりましたが、そのことで難易度が低下した訳でありません。くわしくはこちらの記事をご覧ください。

また社労士試験が難化した詳しい理由については、当ブログの記事「社労士試験の難易度【選択式の過去と現在】」で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください

ところで資格スクール受講生の合格率ですが、平成27年以降も概ね10%~20%で推移していることから、難化した社労士試験の対策としては、スクールで合格するための知識やテクニックを学ぶことが真っ先に挙げられるでしょう。

難化したといっても、試験制度自体は20年以上変わりありませんし、多くの合格者を輩出している社労士講座ならば、合格点に到達するためのカリキュラムを受講生に提供できます。

今回ご紹介する社労士24は、社労士講座の受講生合格率が高い「資格の大原」が提供しているので、現行の試験制度で合格を目指す方にはオススメの講座です。

社労士24について

先ほどから何度も述べていますが、「社労士24」は大手スクールの資格の大原が提供している通信講座です。

資格の大原では社労士24を「全科目のインプット講義が24時間で完結するWebコンテンツ」と謳っており、受講生が無駄なく学習を進められる通信講座となっています。

下の動画は、資格の大原が「社労士24」を提供するに至ったことをまとめたものです。ご興味のある方はご覧ください。

「社労士24」はそのコンセプトを「勉強時間の創造」と定義しており、重視すべきは「講義時間」ではなく「時間あたりの情報量」としているのです。

時間あたりの情報量が凝縮された「社労士24」で配信される動画は、1チャプター3分から15分程度に収められており、効率よく学習することができます。

このように効率的なインプット学習で講座を展開する「社労士24」について、その情報と問題点を以下に述べていきます。

社労士M

インプット講義が24時間で完結する通信講座なので、「社労士24」という講座名なんですね!

社労士24の学習法などについては、下にリンクした記事もぜひ参考にしてください。

インプット講義が24時間では物足りなく感じる方は、下にリンクした社労士通信講座の比較(紹介)記事をご覧ください。

社労士24の講座情報

下の表は「社労士24」の基本情報をまとめたもので。

講座名 社労士24
価格(税込)
  • 社労士24:79,800円
  • 社労士24+直前対策講座:128,000円
  • 過去に「資格の大原」で20,000円以上の講座を受講されていた場合には、3%の割引となります。
使用教材(☆マークは「+直前対策講座」の教材です)
  • 社労士24専用レクチャーテキスト
  • 択一式トレーニング問題集
  • 選択式トレーニング問題集
  • 横断まとめテキスト
  • 社労士24専用法改正まとめテキスト☆
  • 労働経済・厚生労働白書まとめテキスト☆
  • 択一式直前対策演習☆
  • 選択式直前対策演習☆
  • 全国統一公開模擬試験☆
  • 直前総合演習☆
質問回数
  • 社労士24:10回(メールのみ)
  • 社労士24+直前対策講座:15回(メールのみ)
教育訓練給付金制度の利用 利用できます
その他
  • 「資格の大原」社労士講座コース生(通学・通信)限定で社労士24を27,000円(税込)で受講できます。
社労士M

毎年、合格者を多数輩出している「資格の大原」のコンテンツを低価格で受講できるのが「社労士24」なのです。

それでは、社労士24の情報をお伝えしていきます。

社労士24の内容をある程度ご存じの方は、下のリンクより資料請求することができます。資料請求しても講座に申し込む必要はないので、受講を検討されている方は、請求されることをオススメします。

資格の大原「社会保険労務士講座」ホームページ 

テキストについて

社労士24で使用されるテキストは、「社労士24レクチャーテキスト(10冊)」と呼ばれ、社労士24のオリジナルテキストです。

社労士24は「全科目のインプット講義が24時間で完結するWebコンテンツ」なので、通常「資格の大原」で使用されるテキストであれば、1科目150~300ページで解説するところ、レクチャーテキストは約3分の1程度にまとめられています。

まさに「時間あたりの情報量」を重視してつくられたコンパクトなテキストといえるでしょう。

テキストがコンパクトにまとめられているので、本来インプットに費やす時間を問題演習に充てることもできます。

またインプットの時間が少なく済むので、まとまった学習時間の確保が難しい受験生向けの講座ともいえます。

この社労士24レクチャーテキストは、下のツイートのとおり、受講生から高い評価を得ています。

問題集について

社労士24で使用する問題集は、下記の2種類です。

  • 択一式トレーニング問題集(10冊)
  • 選択式トレーニング問題集(9冊)

この問題集は「資格の大原」の通信・通学制社労士講座で使用される問題集と同じものです。

アウトプット教材が同じということは、社労士24をしっかり受講することによって、他の「資格の大原」受講生と同等の答練レベルに到達することができます

ちなみに、社労士24を受講されている方が、レクチャーテキストとトレーニング問題集の画像をツイッターにアップされていました。トレーニング問題集問題集が「資格の大原」で使用されるものと同じであることが分かります。

フォロー体制について

社労士24の受講生には、疑問点などを質問できるメールサービスが用意されています。

質問できる回数は「社労士24」の受講生の場合は10回、「社労士24+直前対策講座」の受講生の場合は15回となっています。

理解できない論点や不明なことは、メールサービスを利用して解決できるのです。

尚、メール質問は1週間程度で回答されるそうです。

講師について

社労士24を担当する講師は、金沢博憲先生です。

金沢先生は「時間の達人 社労士試験」というアカウントでツイッターに登録しており、学習方法や法改正情報、選択式問題などを日々ツイートされています。

例えば、選択式問題は次のようなツイートです。

「時間の達人 社労士試験」をフォローすることで、ツイートを見る時間が学習時間になります。

ツイッターだけではなく、講義の内容も分かりやすいので、一度聞いたら耳に残る軽妙な語り口が特徴です。

もちろん法律資格の講師ですから、論理的な講義もしっかりと教えてくれます。

下の動画が金沢先生の講義動画です。社労士24の受講を検討されている方は一度ご覧ください。

マルチデバイス対応の講義動画

社労士24は、まとまった学習時間の確保が難しい受験生向けの講座なので、当然といえば当然なのですが、配信される講義はマルチデバイス対応です。

スマートフォンやタブレット端末にダウンロードすることで、隙間時間に学習できます。

ダウンロードできますから、wifiが繋がらない場所でも学習することが可能です。

講義・教材・各種試験が「ワンパッケージ」となっているので、デバイス1つで、学習に必要なものを詰め込むことができます。

価格について

下の画像でも確認できますが「資格の大原」で社労士講座を受講する場合、180,000円~209,600円の受講料が必要です。

出典:厚生労働省「教育給付金制度」ホームページ

「資格の大原」が開講する社労士講座は、毎年、合格者を多数輩出しており、質の高い講座であることはよく知られています。

その「資格の大原」が提供する「社労士24」は、わずか79,800円で受講できるのです。

「資格の大原」が長年培ってきたノウハウを基に提供する、良質な講義を79,800円で受講できるのは、コストパフォーマンスが良いといえるでしょう。

なお「社労士24」に加えて直前対策講座も受講する場合は、受講料は128,000円となるので注意してください。

社労士24の問題点

ここまで社労士24の基本的な情報をお伝えしましたが、ここからは問題点(デメリット)を挙げていきます。

「資格の大原」通学・通信制社労士講座とテキストが異なる

このことは、講座の情報でもお伝えしましたが「資格の大原」通学・通信制社労士講座と社労士24のテキストは異なります。

「24時間ですべてのインプット講義が完結する」をコンセプトに開講した社労士24と、通常の社労士講座とは、テキストが異なることは当然といえば当然なのですが、「資格の大原」社労士講座と同じテキストで学べると期待している方にとっては、デメリットとなる要素かもしれません。

しかし社労士24のレクチャーテキストには、合格者を多数輩出している「資格の大原」のエッセンスが詰め込まれています。

とはいえページ数が少ないことで「これでは合格できないのでは・・・。」と不安になる方は少なくないはずです。

実際にツイッターでもテキストの薄さに不安を感じている方をお見受けします。

メールサービスで質問できる回数に制限がある

こちらも基本情報でお伝えしましたが、社労士24の受講生には、疑問点などを質問できるメールサービスがあります。

ただし、質問できる回数は無制限ではありません。

社労士24の受講生は10回まで、社労士24+直前対策講座を申込された受講生は15回までという質問制限があります。

初学者の場合、学習を進めていく中で疑問に感じることが多いと思います。そのような方に質問回数に制限があることは、デメリットになるかもしれません。

凝縮された講義なので細部へのインプットが完了しない

社労士24は「24時間ですべてのインプット講義が完結する」をコンセプトにしているので、細かい知識をインプットすることはできません。

学習経験の少ない受講生にとって、細部へのインプットが完了しないことは、不安に感じる要素でしょう。

特に「深掘り」した内容を学びたい受講生には、社労士24の講義内容はデメリットになるかもしれません。

実際、レクチャーテキストだけで良いのかと不安になられている方がいます。

社労士24の評判と合格実績

最後に社労士24の評判(口コミ)と合格実績についてご紹介します。客観的な評判や合格実績を参考に、ここまで述べてきました社労士24の情報について信憑性があるか否かを判断してください。

口コミ(Good)

口コミ(Bad)

こちらのツイートの方は、1年目の学習に際して、社労士24を信じ切れなかったことを悔やんでいます。社労士24のテキストは薄いので、学習を進めていくほど「これだけで大丈夫だろうか」と不安になるのでしょう。

インプット講義が24時間で終了する社労士24ですから、省略している論点が多々あります。そうしたことから、こちらのツイートの方は不安になられているのでしょう。

合格実績

資格の大原は、受講生の合格者数を公表していますが、「社労士24」受講生の合格者数については公表されていません。

社労士24の合格実績を知るためには教育訓練給付金制度を利用した受講生の数字から求めることになります。

教育訓練給付金制度を利用して社労士24+直前対策講義を受講した方の合格者数は以下のとおりです。

試験年度 受験者数 合格者数 合格率
平成30年 10 6 60.0%
平成31年 47 41 87.2%
令和2年 133 46 34.6%
合計 190 93 48.9%

参照:厚生労働省「教育給付金制度」検索ページ

教育訓練給付金制度を利用して社労士24を受講した方のうち、48.9%が合格しています。

社労士24は、平成29年(2017年)に開講した新しい講座なので、教育訓練給付金制度を利用した受講生はまだ少ないですが、それでも合格率48.9%は見事でしょう。

社労士M

教育訓練給付金制度利用者の合格率が高いのも、社労士24の魅力ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました