社労士M

社労士試験の学習法

【資格の大原が提供】社労士24【受講生の評判と合格実績】

「全科目のインプット講義が24時間で完結するWebコンテンツ」と謳う社労士24ですが、受講生が無駄なく学習を進められる通信講座であるのかを現役社労士である私の視点を交えてお伝えします。
合格基準点予想

令和5年社労士試験合格基準点(科目基準点補正及び総得点)予想

令和5年社労士試験合格基準点(科目別及び総得点)予想 社労士M 今回は、TAC社会保険労務士講座の「本試験分析(データリサーチ)」を参考にして、令和5年(2023年)社会保険労務士試験の合格基準点(科目別及び総合得点)を予想します。ReadMore...
社労士試験の学習法

【なぜ合格率は低下したのか】社労士試験の難易度【選択式の過去と現在】

2015年(平成27年)から社労士試験の合格率が低下しました。その原因は一体何なのでしょうか。 また社労士試験の出題形式である選択式と択一式のうち、選択式の難易度も上がったのでしょうか。 過去の選択式試験の得点状況から難易度を検証します。
社労士試験の学習法

【なぜ合格率は低下したのか】社労士試験の難易度【択一式の過去と現在】

2015年(平成27年)から社労士試験の合格率が低下しました。その原因は一体何なのでしょうか。 また社労士試験の出題形式である選択式と択一式のうち、択一式の難易度も上がったのでしょうか。 過去の択一式試験の得点状況から難易度を検証します。
合格基準点予想

令和4年社労士試験合格基準点(科目基準点補正及び総得点)予想

今年の試験での申込者数は約52,000人であり、令和元年の50,433人比べて1,500人超も多くなっています。申込者数が増えたことで、合格率が上がるのか、下がるのか、また過去の受験データも参考にしながら合格基準点を予想します。
社労士試験の学習法

社労士24だけで合格することができるのか【受講生の評判と合格実績から考察】

資格の大原が提供する「社労士24」が、受講生からどのような評価を受けているのか、また客観的な合格率は何%なのかをお伝えしつつ、本当に社労士24だけで合格できるのかを、現役社労士である私が考察します。
社労士試験の学習法

フォーサイト社労士講座でスピード合格できるのか【評判と特徴から考察】

受講生合格率が20%超のフォーサイト社労士講座を受講して、スピード合格できるのか否か。現役社労士である私が、受験データや講座の特徴を基にして考察します。
労働条件の明示

【トラブルを未然に防ぐ】労働条件の明示義務について【社労士が解説】

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています 社員を雇う時に「労働条件」を示すことは知っていますが、テレワーカーとして雇った社員には、労働条件をどのように示せばよいのでしょうか? 現在の医療現場は、コロナ禍ReadMore...
解雇

解雇は簡単にできない【ハードルの高さを社労士が解説】

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています 何かにつけて反発してくる社員を解雇したいと、顧問弁護士に相談したところ、解雇は簡単にできないといわれた。その理由を知りたい。 社労士試験の勉強していて「労働契約ReadMore...