救済

社労士試験の学習法

【なぜ合格率は低下したのか】社労士試験の難易度【択一式の過去と現在】

2015年(平成27年)から社労士試験の合格率が低下しました。その原因は一体何なのでしょうか。 また社労士試験の出題形式である選択式と択一式のうち、択一式の難易度も上がったのでしょうか。 過去の択一式試験の得点状況から難易度を検証します。
合格基準点予想

令和4年社労士試験合格基準点(科目基準点補正及び総得点)予想

今年の試験での申込者数は約52,000人であり、令和元年の50,433人比べて1,500人超も多くなっています。申込者数が増えたことで、合格率が上がるのか、下がるのか、また過去の受験データも参考にしながら合格基準点を予想します。
社労士試験の学習法

社労士試験の難易度は低下したのか?【令和3年社労士試験の合格ラインから考察】

今回の記事では、令和3年試験の合格基準等を基にして、社労士試験の難易度が低下したのか否かについて、現役社労士である私が考察していきます。
タイトルとURLをコピーしました